トキワ法律事務所
 
 
075-241-3108
地下鉄「烏丸御池駅」より徒歩約2分/地下鉄「京都市役所前駅」より徒歩約10分
地図
 
 
事務所概要 弁護士紹介 取扱業務 セカンドオピニオン 法律相談の方法・ご予約 報酬基準
 
 
 
略歴
平成14年 3月 京都大学法学部卒業
平成17年10月 弁護士登録(司法修習第58期 栃木県弁護士会)
弁護士法人佐藤貞夫法律事務所入所
平成19年 8月 同事務所共同代表社員
平成20年 2月 日本弁護士連合会 裁判員制度実施本部/裁判員本部 幹事(平成22年10月まで)
平成20年 4月 年金記録確認栃木地方第三者委員会委員 第三部会部会長(平成22年4月まで)
平成20年 5月 栃木労働局 労働関係紛争担当参与(平成22年3月まで)
平成21年 4月 花王株式会社生物科学研究所 研究倫理審査委員会 委員(平成22年6月まで)
平成22年 10月 弁護士登録取消 渡米
平成26年 5月 オハイオ州立大学 ロースクールLL.M.卒業
平成27年 8月 弁護士再登録(京都弁護士会)、トキワ法律事務所入所
 
メッセージ
 弁護士は、自ら物やサービスを生み出す職業ではありません。研究開発などより、日々、社会に新しい価値を生み出しているのは、個人や企業の活動です。この社会の主役である個人や企業が、なんらかのトラブルに巻き込まれときに、依頼者に代わって、トラブルに対処し、依頼者が本来の活動に専念できるようにすることが弁護士の仕事だと考えています。そういう意味では、弁護士の仕事は、クリエイティブではないのかもしれません。確かに、どの弁護士に頼んでも、同じような結果しか得られない事件もたくさんあると思います。しかし、解決までにかかる時間や依頼者の負担などは、担当する弁護士によって違いが生じます。平日に事務所に来て頂くことひとつをとっても、依頼者にとっては負担です。私は、事件解決にいたるまでの過程においても、依頼者の負担の軽減を目指し、創意工夫を怠ず業務にあたりたいと思っています。
ブログ : http://blog.livedoor.jp/yhsmt/
 
 
 
Attorney Profile-Yaeko Hashimoto
Mar. 2002 Kyoto University, Bachelor of Law
Nov. 2003 Passed the National Bar Examination
Oct. 2005- Associate Attorney at Sato Sadao Law Firm, Tochigi (-Aug. 2007)
Aug. 2007- Representative Partner (-Oct. 2010)
Feb. 2008- Member, Saiban-in Committee of Japan Federation & Bar Associations (-Oct. 2010)
Apr. 2008- Member, Tochigi Local Third-Party Committee to Check Pension Records of Ministry of Internal Affairs & Communications (-Apr. 2010)
Apr. 2008- Mediator, Committee for Settlement of Working Conditions Disputes of Tochigi Labor Bureau (-Apr. 2010)
Apr. 2009- Member, Research & Ethics Committee of Creature & Science Research Center of Kao Corporation (-June 2010)
May 2014 The Ohio State University Moritz College of Law, Master of Laws (LL.M.), Criminal Law & Procedure Concentration
Aug. 2015 Attorney at Tokiwa Law Office, Kyoto
 
Practice Philosophy
 It is not an attorney's business to create new products and services.
 Individuals and companies are best able to innovate and make new things. I believe an attorney's job is to handle successfully legal cases that annoy individuals or companies. An attorney need not be highly creative. An attorney should relieve clients from nearly all of the burdens of a case.
 Many cases can be resolved with similar results by most attorneys; however,my clients lose less time and feel less tired. I realize most clients find it hard even to visit their attorney's office on weekdays. I lessen my clients' discomfort by pursuing and devising (in this respect I am creative) a better way to get the case settled economically. 
Blog : http://blog.livedoor.jp/yhsmt/
 
Contact (Tokiwa Law Office attorney Yaeko Hashimoto)
7F, No.2 Kyo Bldg. 520-1 Wataya-cho, Oike sagaru, Ainomachi-dori, Nakagyo-ku, Kyoto, 604-8181, JAPAN
TEL +81-75-241-3108 FAX +81-75-241-3109
 
 
トキワ法律事務所

〒604-8181

京都市中京区間之町通御池下る綿屋町520-1 京ビル2号館7F

電話番号

075-241-3108

FAX番号

075-241-3109
 

© 2013- TOKIWA Law Office. All Rights Reserved.

個人情報保護方針 サイトマップ